統合失調症の治療薬・補助治療薬(種類・効果)

統合失調症.com

統合失調症・補助治療薬について

統合失調症の治療薬にとって、抗精神病薬は中心になりますが、抗精神病薬だけでは足りない部分があります。それを補うのが補助治療薬です。統合失調症の治療薬・補助治療薬について紹介していきます。

補助治療薬について

補助治療薬統合失調症の薬物療法は、さまざまな種類の薬を組み合わせて使います。そこには抗精神病薬だけでなく、補助治療薬も加えられます。補助といっても、それぞれが抗精神病薬の効果を引き出したり、足りない部分を補ったりする重要な薬です。統合失調症は、抗精神病薬だけで治療できる病気ではありません。また抗精神病薬を飲んでいると、便秘や立ちくらみなどの副作用が出ることがあるので、それを治療する薬が必要になります。副作用が予想できる場合は、前もって副作用が出ないような薬を予防のために処方することもあります。たくさんの薬を飲むことに不安を感じている人には、それぞれの薬には役割があり、薬と薬には、それぞれが補い合う「相補作用」もあるということを、理解しましょう。統合失調症のおもな補助治療薬を以下に紹介していきます。

●抗不安薬

抗不安薬には遅発性ジスキネジアを起こす危険性がないため、抗精神病薬を少なくして、抗不安薬を併用することもあります。また、抗不安薬のヒドロキシジンは、抗精神病薬の副作用、アカシジアの改善に使用されることもあります。

●睡眠薬

睡眠薬が使用されるのは生活のリズムを整え、また十分な睡眠をとることは統合失調症の回復に必須だからです。睡眠薬は中毒になりやすい、といった心配をする人がいますが、それは杞憂です。

●抗バーキンソン薬

抗精神病薬の副作用で、錐体外路症状(パーキンソン症状、ジストニア、アカシジアなど)が出た患者さんには、抗パーキンソン薬のビペリデンやプロメタジン(抗ヒスタミン薬としても使われる)などが使用されます。プロメタジンは、立ちくらみ(起立性低血圧)の改善にも使用されることがあります。

●抗てんかん薬

イライラや攻撃性を抑えるために、一部の抗てんかん薬が使用されることがあります。

●その他の薬

躁うつ病の薬が併用されることがあります。便秘の解消のためには、緩下剤がよく使用されます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ